ビットコイン携帯電話版

Walmartにとって、最大の再生機会は近場の電気商、特に日用雑食である。 Walmartとその傘下のSam’sclubは米国では日用雑貨小売指数のランキングが高く、「価格」と「デジタル化」の2つの項目で特に得点が高い。 疫病が収束し、米国の消費者の「スピード」に対する要求が下がり、「価格」を重視するようになると、Walmartはより多くの市場シェアを取る可能性があります。 いずれにしても、Walmartの膨大な物理的チャネルと配送能力は、それ自体がAmazonにとって無視できない脅威である。

首页